企業年金 得する受け取り方法は?

企業年金の受け取り方法は、一時金か年金かを自分で選ぶことができます。
※但しそれぞれの企業年金や会社によってルールは異なります。

受け取り方法を決める際、まず年金と一時金の損益分岐点となる年齢を確認しましょう。
そして一時金の額で何年間分の年金を受け取ることができるか考えます。
次に、それぞれのメリット、デメリット等の違いを考慮します。


まず、一時金で受け取る場合、税金を計算する際下記の額を「退職所得控除」としてひくことができます。


【勤務年数が20年超なら】
「800万 + 70万 ×(勤続年数 - 20年)」

【勤務年数が20年以下なら】
「40万円×勤務年数(最低80万円)


そして、一時金は言葉通り一括で大きな金額を受け取ることになるので、住宅ローンの返済などに充てることができます。
または、その一時金で資産運用をしたほうが安心で利回りが高くなると考えられることもあるかもしれません。
しかし、無駄遣いをしてしまう恐れもあります。




では、年金で受け取る場合はどうでしょうか。

年金の場合は「公的年金等控除」をうけることができます。

そして、終身年金であれば長生きに備えることが出来ますし、たとえ有期年金でも総受取額は運用期間が長い分
一時金よりも多く受け取る事が出来ます。

但し、企業年金を運営する会社や基金が破綻してしまうと、予定通りの年金を受け取る事が出来ないかもしれない
リスクがあります。


このように見ると、どちらも一長一短あることがわかります。
ですから、受け取り方法を決める際には税金面、安全性、自分の希望するライフプランを総合的によく考慮して判断する必要があるといえます。