テーマ:健康保険

第9回 保険料率また上昇!!

みなさん。こんにちは。 先日、全国健康保険協会(協会けんぽ)の2012年度の保険料率がまとまりました。 下記のとおりです。 高齢者の長期入院が多く医療費が高いとされる地域が、やはり保険料率が高くなっていますね。 2009年10月に全国一律の保険料率から、都道府県別の保険料率に切り替わりましたが、その際、格差拡大を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第8回 装具等の立替をした時・・・

みなさん。こんにちは。 今回は、用具等に関する「療養費」の支給範囲についてお話したいと思います。 療養費として支給される範囲は、一例として 請求の方法は、「療養費支給申請書」を下記の添付書類とともに、協会けんぽに提出します。  治療用装具 ⇒ 医師の「意見及び装具装着証明書」、「領収書」原本  立替払い …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第7回 医療費の立替

みなさん、こんにちは。 今回は「医療費の立替払い」療養費についてお話したいと思います。 通常、保険機関の窓口に被保険者証を提示して診療を受ける現物給付が原則ですが、場合によっては受けられない場合があります。 このような時の為に、被保険者が一時費用を立替ておき、後日保険者より「療養費」として現金給付を受けることが出来る制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6回 家族みんなでお得に!! ~世帯合算~

みなさん。こんにちは。 今回は「高額療養費」の第三弾で、「世帯で負担が重なったとき」の知っとくを、お話したいと思います。 前回お話した高額療養費ですが、一部負担金の額が、単独では支給要件を満たさず、残念に思われてる方もいらっしゃるのではないでしょうか?? そんな方に朗報です!! 高額療養費制度には「世帯合算」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5回 高額負担が続いたときのお得情報!? ~多数該当高額療養費~

みなさん、こんにちは。 今回は高額療養費の第二弾、「高額の負担が続いたとき」の「知っとく」をお伝えしたいと思います。 実は高額療養費制度には、「多数該当高額療養費」という制度があるのをご存知ですか? この制度は、高額療養費として払い戻しを受けた月数が、直近12ヶ月間で、3回以上あった時は、4回目から一部負担限度額がさら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回 高額療養費とは? ~高額療養費のしくみ~

みなさん。こんにちは。 今回は「高額療養費」の第一弾で、まずは「高額療養費のしくみ」についてお話したいと思います。 この「高額療養費」とは、同一月内(月の1日から末日)に同じ医療機関ごとでかかった医療費の自己負担分が高額になった場合に、「一定の自己負担限度額」を超えた部分が払い戻しされる制度です。(それぞれ入院・通院別、医科・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回 人工透析などの特定疾病の負担減!? ~特定疾病療養受療証交付申請~

みなさん、こんにちは。今回は前回に引き続き、窓口負担を減らすシリーズの「特定疾病の場合」についてお伝えしたいと思います。 まず、特定疾病とは、人工透析が必要な慢性腎不全、血友病等のことです。 これらは長期間にわたって高額な医療費がかかることが想定されます。 そのような時、利用できる便利な制度、それは・・・ 「特定疾病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回 窓口負担が減る?? ~健康保険限度額適用認定証~

みなさん、こんにちは。今日は窓口負担を減らす“知っとく”をお伝えしたいと思います。 通常、みなさんが病院にかかり入院した場合、窓口で支払う金額は、3割~1割負担分です。とは言うものの入院時の医療費の支払は大きな負担になります。 「高額療養費制度」を利用し、後から払い戻しされるとはいえ、実際に払い戻しされるまでには時間がかかり、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1回 休職中でもお給料が貰える?! ~傷病手当金~

みなさん。はじめまして。社会保険労務士の愛子です。皆様のお役にたてる情報を少しでもお届けできればと思っています。今回は記念すべき第一回目です。 今日のテーマは「傷病手当金」 最近急激に寒くなりましたよね。“冬将軍到来”体調を崩されている方も多いのではないでしょうか。 マイコプラズマ肺炎も流行っているようですし・・・ もし肺炎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more