第56回 しらないと損する働き方

この「無期労働契約」に変更したい場合はどうしたらよいのでしょうか。

まず、申込は口頭でも法律上は有効です。しかし口頭だと証拠がのこらないので、できるだけ書面で行なうほうが良いでしょう。

申し込みできる期間等の仕組みとしては下記のようになります。

画像


画像


仮に、通算5年を超えて契約更新した労働者が、その契約期間中に無期転換の申込をしなかったとしても、次の更新以降でも無期転換の申込はできます。(つまり無期転換申込権は消滅しません


そして、この申込をするかは労働者の意思次第、つまり労働者の自由です。


もし、申込が労働者側からされると、使用者側は申込を承諾したものとみなされ、その時点で無期労働契約が成立します。
そして、無期に転換されるのは、申込時の有期労働契約が終了する翌日からになります。


ただここで覚えておかなければならない点として、前回もふれましたが、あくまでも期間の定めが無くなるだけであって、職務・勤務地・賃金・労働時間等の労働条件は、労働協約・就業規則・個々の労働契約等の別段の定めがない限り、直前の有期労働契約と同一となります。