残業代のカラクリ

みなさんは「法定労働時間」と「所定労働時間」の違いはご存知ですか。
これによって、残業代の算出方法が違ってきます。

まず法定労働時間」とは、1日8時間、週40時間を上限とする労働時間で、法律で定められているものです。
※但し常時10人未満の労働者を使用する商業・映画・演劇業(映画の製作は除く)・保健衛生業・接客娯楽業は、法定労働時間が週44時間に緩和されています。


そして所定労働時間」とは、就業規則や個々の契約書に定められている労働時間のことです。
ですから、会社や各個人によって所定労働時間は異なります。


残業代は、「法定労働時間」を超過した分が支払われることになります。
ですから、所定労働時間が「9時~17時 昼1時間 実働7時間」だった場合、仮にもし18時まで残業したとしても基本残業代はつきません。(会社によってはつくこともありますが、つかないからといって違法ではありません)
この場合は18時以降残業して初めて残業代が発生します。(これは法的な義務です)

残業代の計算方法としては、時給の2割5分増しです。
もし時給が1,000円であれば、8時間を越す労働に関しての時給は1,250円になります。
月給の場合は、時間給換算してその2割5分増しが支払われることになります。


現在、この残業代の未払いや、支払われていても割増しされずに支払われているなどの問題が多く発生しています。
ぜひ一度、残業代がきちんと支払われているのか確認されるとことをお勧めします。